安いインクでお得に印刷

brotherプリンターのインク代を安くする方法

そろそろ交換用インクの値段が気になり始めたら

純正カートリッジの値段が黙視できなくなった時はコレ

熟練者にはもはやお馴染みとなっているプリンターの互換インクですが、プリンターを使い始めて間もない場合は、純正インクを使い続けるかもしれません。ですが、何度もインクカートリッジを交換していくうちに、段々その金額が無視できなくなるのが一般的です。そんな時は「交換用カートリッジがもっと安ければ良いのに」と考える筈ですが、その願いから多くのユーザーがごく自然に互換インクへと辿り着く訳です。互換カートリッジの魅力は何と言いましても価格の安さにあります。販売会社も沢山あるので一概には言えませんが、安ければ純正カートリッジの半分ほどの値段で購入できるのです。各プリンターメーカーの機種向けに販売されていますから、brother製のプリンターをご使用の場合でも、互換カートリッジを利用できます。そして互換品について説明しますと、これは純正メーカーとは異なる別会社が、純正カートリッジと同様に使えるよう製造した商品です。なので互換品のカートリッジは、brotherの純正品とは別の形状をしています。

互換製品はカートリッジだけでなく、そこに詰められているインクも純正品とは違うインクが充填されています。ですが今日では各互換メーカーとも高品質化が進んでいるため、印刷結果は純正インクと比べても大差ない製品が少なくありません。ですから、普段使いの印刷なら問題なく使えると言えます。また、リーズナブルな交換用カートリッジにはリサイクルカートリッジもあります。こちらは中身のインクは新品ですが、カートリッジは回収された純正品を洗浄して再利用しているのが特徴です。ちなみに、互換製品はカートリッジとインクは両方とも新品となっています。

残量表示が必要ならICチップにも着目しよう

互換製品もリサイクルカートリッジも、brother製プリンター用であればどちらも使い勝手は殆ど一緒です。しかしながら、互換カートリッジだとICチップの搭載は製造メーカー次第なので、未搭載ならインクの残量表示機能は使えません。もちろん互換カートリッジにもICチップを搭載した製品はありますから、画面上で残量を確認したい場合は、ICチップの有無に着目して購入製品を選ぶと良いでしょう。何れにせよ、互換製品もリサイクル製品も純正品より安いため、印刷コストが気になり始めた時は、どちらかを検討してみてください。一度使い始めますと、最初に抱いていた不安はどこへやら、「リピ決定」となるのが黄金パターンです。

人気記事ランキング